温泉水で作られたシュトーレン

冬の菓子パン シュトーレン

シュトーレン シュトーレンはドイツにおいて「クリスマス・イブ」になるまでの間で食べられる伝統的な菓子パンです。
見た目が、産まれたての”キリスト”が産着で包まれているように見えることから、イエスの誕生日である12月24日の前までに食べられるようになりました。

シュトーレンの表面は大量の砂糖がまぶされ、中に洋酒漬けのドライフルーツやナッツがぎっしり詰まっています。
他の菓子パンに比べて、保存期間が数ヶ月間と長持ちするため、この時期の贈り物にも最適です!

一つひとつに手間暇かけて

焼きたてのシュトーレンにバターを塗る様子 弊社のシュトーレンは、自社工房にて一つひとつ手作りで作成しています。

安心安全のシュトーレン作りを心がけており、温度管理や衛生管理を厳重に行い、水質にもこだわって天然のラジウム温泉水を使用しています。

作成から十分に寝かせた生地にはラム酒とフルーツの甘味が染み込んでいるので、一口食べれば” じゅわっとリッチで奥深い味わいと香り ”が口いっぱいに広がります。

シュトーレンへのこだわり

シュトーレンの中身弊社では、シュトーレンを作る際に”天然酵母”を使用しています。
天然酵母を使用することにより、通常のイーストでつくられるパンとは一味違った独特の風味や触感を楽しむことができます。

そして何よりも、このシュトーレンの特徴は”温泉水”を使用していることです。
温泉水を混ぜると、しっとりとした口当たりが特徴的なシュトーレンになります。

こうしてできたシュトーレンを、皆様の元へ真心こめてお届けします。
 
この冬、ちょっぴり大人のティータイムにいかがでしょうか? 冬の焼き菓子シュトーレン
 

シュトーレン 1本 1,800円(税抜)

商品ページへ